ナショナルペン アートワークのヒント
Responsive image

印字

オンラインオーダーフォームに印字内容を入力する必要があります。印字例に表示されるプレビューで入力ミスや綴り間違いを確認できます。印字内容は選択したプロモーション製品の印字スペースに合わせて調整されます。

ご注文にロゴを追加する

ロゴのアップロードボタンから、ご注文にロゴを追加することができます。アップロードページには特別な指示のためのボックスがあります。必要と思われる情報がありましたらお気軽にご記入ください。製作の前にロゴアートワークの校正を見る必要がある場合は、チェックボックスにチェックを入れてください。

入稿可能なロゴファイルの種類

ご注文を最高の品質と最短で製作するため、ロゴはベクター形式でアップロードすることを推奨します。 ※ファイル名をベクターファイル拡張子に変更しても、ファイルタイプは変更されません。

推奨ベクターファイルタイプ:

• PDF (Adobe Acrobat)
使用されたフォントまたは汎用の.epsとして書き出すフォントを埋め込む
• AIまたはEPS
テキストをアウトライン化し、リンクされた画像を埋め込む

その他の受付可能ファイルの種類:

• BITMAPS(.jpg、.tif、.pcx、.gif、.png、.bmp)
• DOC、PPTまたはPUB(Microsoft Officeファイル)
フォントの埋め込みまたは組み込み

テキストをアウトライン化する方法

Illustratorまたは他のグラフィックプログラムを使用している場合は、ファイルを送信する前にテキストをアウトライン化することを推奨します。これにより、フォントが置換されなくなり、提出したデザインを正確に保存できます。

これを行うには、Illustratorメニューで行います。 テキストレイヤーを選択し、 [書式] をクリックして [アウトラインを作成] に移動します。これでご注文時にファイルをアップロードすることができます

Responsive image

Responsive image

ラスターの代わりにベクターをお送りください

ラスターファイルはピクセルで構成され、一般にビットマップと呼ばれます。ベクターファイルは座標を使用して点と線で図形を作成します。このファイルタイプは、どんなサイズでも高画質を維持します。
Responsive image

ラスター

Responsive image

ベクター

フルカラーのアートワーク

解像度

ファイルは少なくとも300dpiまたはベクタアートでなければなりません。画像が300dpi以下の場合は、単純に解像度を上げないでください。これにより、非常にぼやけた、ピクセル化された画像になります。理想的なフルカラーのアートワークは、印刷されるサイズで300dpi以上になります。

ブリード

ブリード領域は、ドキュメントの端に沿って表示されます。白い枠線が表示されないようにするには、任意の背景イメージまたは色を端まで延長し、少し先まで伸ばしてください。

Web画像

画像をウェブサイトから取得する場合、画像は通常72dpiです。この解像度は印刷目的には十分ではありません。また、ウェブ画像を使用する際に著作権の制限に遭遇することもありますので、アートワークで使用することはお勧めしません。唯一の例外は、ストックフォトウェブサイトからイメージを高解像度で購入した場合です。

Responsive image

インプリントタイプ

レーザー刻印

インプリントはレーザーで製品にエッチングされます。

Responsive image

スクリーン印刷インク

インプリントは、スクリーンを通してアイテムの表面に押し付けられます。

Responsive image

フルカラー

インプリントはCMYKで印刷され、写真を使用することができます。

Responsive image

フルカラーインクジェット

美しく耐久性のある印刷が可能です。

Responsive image

パッド印刷

インプリントは、インク入りフレキシブルパッドを介して製品に転写されます。

Responsive image

昇華プリント

アートワークを加熱して染料を表面に転写します。

Responsive image

エンボス

インプリントは製品の表面に浮き上がります。

Responsive image

デボス

インプリントは製品の表面に押し込まれます。

Responsive image

刺繍

コンピュータ制御されたミシンがインプリントを製品上にステッチします。

Responsive image